心理学から学ぶ! プロポーズを成功に導くゲインロス効果とは?

メニュー
2016/06/06

心理学から学ぶ! プロポーズを成功に導くゲインロス効果とは?

FB Twitter

心理学から学ぶ! プロポーズを成功に導くゲインロス効果とは?

長年付き合っているカップルでも、プロポーズが成功するかどうかは不安なものですよね。プロポーズのシチュエーション次第では、相手の心を掴むことができず失敗してしまう恐れもあります。そこで注目したいのが、心理学で有名な「ゲインロス効果」。絶対にプロポーズを成功させたいなら、このゲインロス効果を利用したプロポーズがオススメです。
今回は、プロポーズを成功に導くゲインロス効果について詳しくご紹介いたします。

「ゲインロス効果」ってどんなもの?

ゲインロス効果とは「心理状況において、プラスとマイナスの変化が大きければ大きいほど、人の心に深く影響を与える」というもの。
最初にマイナスの印象を与え、あとからプラスの印象を与えると、ただプラスの印象を与えるより相手の心に響くという仕組みです。

恋愛心理学におけるゲインロス効果

恋愛心理学において例を挙げると「顔はタイプじゃないけど、デートしてみたらとても優しくエスコートしてくれたから好きになった」というようなことが当てはまります。

他にも「初めて会ったときはそっけなかったけど、後になってからこまめにメールやアプローチしてくれたから気になるようになった」などもゲインロス効果が効いているといえます。

「はじめはあまりいい印象はなかったけれど、だんだん素敵な一面が見えてきた」というほうが相手の印象に残りやすいというわけなのです。

プロポーズでゲインロス効果を利用するには?

ゲインロス効果は、もちろんプロポーズにも利用できます。
たとえば「誕生日やクリスマスに仕事が入ってしまったと言われてがっかりしたけど、実は有休をとって素敵なレストランに連れて行ってプロポーズしてくれた。」

「そろそろプロポーズかな? と思って行った旅行先で2日間なにもなくがっかりしていたところ、最終日帰る直前にサプライズでプロポーズしてくれた。」
このように初めは「何もない」と思わせておいてからプロポーズをすることで、相手の心を大きく動かすことができるのです。

・ゲインロス効果はプロポーズ時のセリフにも使える!?

ゲインロス効果は、シチュエーションだけでなくプロポーズの言葉にも活用することができます。
まず、「もう恋人ではいたくない」と言って、彼女をちょっと戸惑わせます。
「もしかして、私フラれてしまうのかな?」と思わせておいてから「これからは夫婦でいたい」とプロポーズの言葉を言うのです。
こうすることでゲインロス効果が働いて、彼女の驚きや喜びが倍増するはず。さらに婚約指輪や花束などを用意しておけば完璧の演出ですよ。

心理学から学ぶ! プロポーズを成功に導くゲインロス効果とは?

ゲインロス効果はプロポーズや告白に十分応用できますが、彼女を驚かせたいあまり先に印象が悪いことをしすぎてしまうと、機嫌を損ねさせてしまったり、怒りをかってしまったりする恐れもあります。最悪の場合、プロポーズが失敗に終わってしまう可能性も。
相手の性格をしっかり見極めて、あまり度の過ぎたものにならないようにバランスを取ることが大切です。ゲインロス効果を上手に活用して、感動的なプロポーズのプランを立ててくださいね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ