メニュー
2016/07/18

2人の指の特徴を活かせる結婚指輪のデザインとは?

FB Twitter

2人の指の特徴を活かせる結婚指輪のデザインとは?

結婚指輪を選ぶとき、意見が分かれてしまってなかなか決まらないというカップルは意外とたくさんいます。
一生ものの結婚指輪はお互いに納得したものを購入するのが一番ですよね。
デザインで迷ってしまって決まらないというときは、お互いの指の特徴をよく観察し、その特徴を活かせるデザインの結婚指輪を選んでみるのはいかがでしょうか。
好みのデザインのものより、指や手をキレイに見せてくれるデザインを選んだほうが、お互いに納得できることもありますよ。

指の特徴別! 似合う結婚指輪

指の長さや色によって、似合う指輪のデザインや色は異なります。
では、指の特徴別に似合う結婚指輪のデザインを紹介していきましょう。

■指が長い方
指が長い方はどんな指輪でも似合いそうですが、結婚指輪を選ぶときは指の太さも考えて選ぶといいでしょう。
指が長くて細い方はボリュームがあまりないシンプルでストレートなデザインを、指が長くて太い方は細すぎずある程度ボリューム感のあるデザインを選ぶとバランスがよく見えます。

■指が短い方
指が短い方は、できるだけ指を長くきれいに見せるために、V字の結婚指輪を選ぶことをおすすめします。V字の指輪は、縦のラインが強調されるため指が長く見えるのです。
また、指が短くて太い場合はひねりのあるデザイン、指が短くて細い場合はS字のものを選ぶのもいいでしょう。どうしても指が短いのが気になるというなら、ダイヤがいくつかあしらわれているような、ワンポイントある指輪にすると目線がそちらにいくようになりますよ。

■指が小麦色
日焼けをしたわけではなく、元々手指の色が小麦色だという方は、プラチナではなくイエローゴールドのリングが似合います。もしイエローゴールド一色だと目立ちすぎると感じた場合は、プラチナやシルバーとのコンビのものがおすすめです。

■指が色白
手指の色が透き通ったような色白なら、イエローゴールドよりプラチナやホワイトゴールドがぴったりくるはず。ピンクゴールドも素敵ですが、ペアですることを考えるとプラチナやホワイトゴールドのほうが無難でしょう。

2人の指の特徴を活かせる結婚指輪のデザインとは?

指が長いから指輪が似合う、短いから指輪は似合わないというわけではありません。どんな指でも、その特徴にあった指輪がきっと見つかるはずです。
結婚指輪をどれにしようか迷っていて、最後の決め手がないためにずっと決まらないというカップルは、お互いの手指を観察しあって、よく似合う指輪に決めてみてはいかがでしょうか?

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ