メニュー
2016/08/31

要確認! プロポーズから結婚式当日までの流れ

FB Twitter

要確認! プロポーズから結婚式当日までの流れ

プロポーズを受け入れてもらって一安心も束の間。結婚式の準備には思わぬ時間がかかってしまいがちです。もっとああすればよかったと後悔することにならないように、プロポーズ後から結婚式当日までの一連の流れをあらかじめ把握しておきましょう。

プロポーズ後にできるだけ早い段階で行うこと

直前になって慌てることがないように、プロポーズ後わりとすぐに必要になると思われる3つのプロセスについてご紹介します。

・お互いの家族との顔合わせ
彼女がプロポーズを受け入れてくれたからといって、油断はできません。結婚を彼女の両親に了承してもらわねばならないからです。当日は身なりを整えて、ご両親に挨拶をしましょう。手土産を持参することも忘れずに。何を持っていけばいいかわからないという場合は、彼女を通して事前のリサーチを怠らないことが大切です。結婚式をスムーズに行うためだけでなく、結婚後も相手家族との関係を良好に保ちたいと考えるなら気を抜いてはならないポイントです。

・結婚指輪を購入する
結婚指輪は、気に入ったデザインを見つけたらできるだけ早く購入しましょう。お気に入りの指輪を見つけてもサイズを調整するための時間が数週間ほどかかる場合があります。余裕を持って準備するようにしましょう。

・婚姻届けの提出
婚姻届けをいつ出すという決まりはないため、結婚後に出してもかまいませんが、結婚式前に婚姻届けを提出するメリットはたくさんあります。結婚に伴う各種書類提出や名義変更の手続きをスムーズに行うことができたり、女性は結婚後の姓が記載されたチケットやパスポートで新婚旅行へ出かけることが可能になります。

結婚式場と披露宴会場を押さえる

要確認! プロポーズから結婚式当日までの流れ

どのような結婚式を行いたいか夫婦でよく話し合ったら、早めに式場を押さえましょう。少なくとも、結婚式当日から逆算して6か月くらいは余裕をみておく方が無難です。
授かり婚や海外赴任などの事情で早く式を挙げたいという場合は、1か月~3か月前でも予約が可能なプランもあります。
人気の式場で日取りの良い日は、1年前から予約で埋まっていることもあるため注意しましょう。

結婚式の衣装や引き出物などの準備

結婚式場が決まったら、新郎新婦の衣装、結婚式への招待状、引き出物やプチギフト、二次会の会場探しなどの準備が待っています。結婚式の招待状は、当日の二か月前を目安にゲストの元へ届くように手配しましょう。直前になってゲストにスピーチや出し物などの依頼をする羽目にならないように、余裕をもって依頼することが大事です。
結婚を機に新居を構えるというカップルは、並行して新居探しや引っ越しなどの準備も発生します。

こうした流れを経て、結婚式当日を迎えることになります。
あらかじめしっかりと把握して、スムーズに結婚準備を進めてくださいね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ