「幼馴染の彼女」にプロポーズするタイミングはいつがベスト?

メニュー
2016/03/29

「幼馴染の彼女」にプロポーズするタイミングはいつがベスト?

FB Twitter

「幼馴染の彼女」にプロポーズするタイミングはいつがベスト?

子どもの頃から長い付き合いの「幼馴染の彼女」にプロポーズするのは、タイミングが難しいですよね。付き合いが長いからこそ、なかなかプロポーズができないという方もいると思います。どのタイミングで、どんな場所でプロポーズをするのがいいのでしょうか。
幼馴染へのプロポーズについてお悩みの方に向けて、プロポーズのタイミングや場所などをご提案いたします。勇気を持って想いを打ちあけましょう!

幼馴染にプロポーズするのは「記念日」がベストタイミング

なかなかプロポーズを切り出せないのであれば、「付き合った日」や「誕生日」など、分かりやすい記念日の日がオススメです。
「クリスマス」や「バレンタインデー」などの定番のタイミングだとロマンチックすぎて照れてしまうかもしれませんが、付き合った日や彼女の誕生日ならお祝いするつもりでプロポーズができるでしょう。
サプライズ感も演出できるので、ダブルでオススメです。

仲がいいからこそ! 日常の中でさりげなく

もし「記念日」や「誕生日」などのタイミングを逃してしまったら、日常のさりげない場面でプロポーズをするのもいいでしょう。
プロポーズは勢いが大切。「記念日を逃してしまったから」と次の記念日まで引きのばしてしまうと、彼女をいつまでも待たせてしまうことになります。
高級レストランやホテルなどで張り切ってプロポーズをしなくてもいいのは仲の良い幼馴染ならではですから、あまり引き伸ばさないようにしたほうがいいでしょう。

「プロポーズの日」もいいタイミング

「プロポーズの日」という日があるのをご存知でしょうか。日本ブライダル協会が決めたもので、毎年「6月の第1週目の日曜日」がプロポーズの日となっています。
一般的にはあまり知られていないかもしれませんが「なかなかプロポーズに踏み出せないカップルのいいきっかけになるように」との願いが込められています。
6月は「ジューンブライド」の月でもありますから、結婚を意識する女性も多いでしょう。そんなときにプロポーズをされたら、彼女もきっと嬉しいはずですよ。

プロポーズの場所は2人になじみのある場所で

「幼馴染の彼女」にプロポーズするタイミングはいつがベスト?
幼馴染のプロポーズは、あえて特別な場所ではなくてもいいかもしれません。
「家までの帰り道」「2人が卒業した中学校や高校の前」「近所の公園」など2人に馴染みのある場所がいいですね。
幼馴染なら子どものころから一緒に過ごしてきた場所がいくつもあるでしょうから、2人にとって思い出の深いところを選んでプロポーズをしてあげるといいでしょう。

幼馴染同士の2人は付き合いが長いからこそ、素直に気持ちを伝えられなかったり、プロポーズのタイミングがつかめなかったりすることもあるでしょう。
しかし、ただタイミングを待っているだけではいつまでたってもプロポーズはできません。「今だ!」というタイミングで、勢いがあるときに伝えるのが1番ですよ。
熱い素直な気持ちを正直に伝えて、彼女を笑顔にしてあげましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ