ダイヤモンドだけじゃない! 婚約指輪におすすめのストーンとは

メニュー
2016/04/01

ダイヤモンドだけじゃない! 婚約指輪におすすめのストーンとは

FB Twitter

ダイヤモンドだけじゃない! 婚約指輪におすすめのストーンとは

婚約指輪といえば、ダイヤモンドがきらりと輝く豪華な指輪をイメージしますよね。
ダイヤモンドは宝石の中でも最も硬いため傷つきにくく、永遠に輝き続けることから「愛が永遠に続く」と言われて婚約指輪の定番ストーンになっています。

しかし、婚約指輪にぴったりのストーンはダイヤモンドだけではありません。婚約指輪に込めたい想いによって、ストーンを選ぶのも素敵ですよ。
今回は、婚約指輪におすすめの「ダイヤモンド以外」のストーンをご紹介します。

●サファイア(9月の誕生石)
ダイアナ妃からキャサリン妃が受け継いだ婚約指輪のストーンとして使われていたことから人気が急上昇したのがサファイア。
サファイアをいうとブルーのイメージがありますが、実は赤や黒などの色もあります。カラーの豊富さを生かして色々なデザインの指輪を作ることができるのも魅力。

石の硬さを表すモース硬度は9で、ダイヤモンドの10の次に硬いため、婚約指輪に向いているストーンです。石言葉は、慈愛・誠実・高潔です。

●ルビー(7月の誕生石)
サファイアと同じくモース硬度が9の丈夫な石、ルビーも婚約指輪に向いているストーンです。石言葉は熱情・純愛・仁愛などプロポーズにぴったりのもので、年齢を気にせず長く身につけられるのもポイント。

また、ルビーは心や体を温めてくれるパワーを持っているので、身につけていると心身ともに落ち着くでしょう。

●オパール(10月の誕生石)
ダイヤモンドだけじゃない! 婚約指輪におすすめのストーンとは

「幸運の石」とも呼ばれるオパールは、光の加減で色が変わって見える不思議な魅力を持っています。
ブルーやレッドほど強い印象はありませんので、日常のファッションにも合わせやすいですね。エレガントでありながらゴージャスな印象を与えてくれますよ。

●エメラルド(5月の誕生石)
幸福・希望・安定などの石言葉を持つエメラルドは、世界4大宝石の1つでもあります。深い緑色が美しいエメラルドですが、鮮やかでやや青っぽい緑色のものと、やや黄色っぽい緑色のものは特に価値が高いと言われています。

●アメジスト(2月の誕生石)
可愛らしいすみれ色のアメジストは、上品で女性らしい雰囲気の方にぴったり。誠実・愛情などの石言葉を持っています。
また、他の宝石と比べるとややリーズナブルなのも魅力です。肩肘を張らずに、日常のファッションにさりげなく合わせることができますよ。

ダイヤモンド以外のカラーストーンがついた婚約指輪は、クラシカルでエレガント。由緒正しい雰囲気を演出することができるのが最大の魅力です。
また、ファッション性も高いのでおしゃれな彼女に贈るのにもってこいですね。

丈夫さで選ぶのもいいですが、彼女が好きな色や誕生石、石が持つ意味などを考えて選んであげるのもおすすめです。センスのよさをアピールして、彼女を喜ばせてあげましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ