メニュー
2015/11/03

星を映し出すダイヤモンド “Wish upon a star”

FB Twitter

Wish upon a star

“Wish upon a star”/“ウィッシュアポンアスター”
2つの星を映し出すオリジナルダイヤモンド

2つの星を映し出すというカッティングは世界で10人ほどのトップクラスのマイスターにしかできないもの。熟練した職人による高度なカッティング技術は、世界でただひとつのプレミアムカットなのです。

きらめくカットの中に二つの美しい星を映し出す“Wish upon a star”。熟練したマイスターの高度な技術が求められるオリジナルカットで、その難易度は、一般的なラウンド・ブリリアントカットの100倍、エクセレントカットの10倍と言われています。

通常のダイヤモンドと違って、“Wish upon a star”ダイヤモンドは10角形のテーブル面を有します。この10角形のテーブル面の対称性を保ちながら、光の反射と分散をコントロールしてコントラストのある2つの星を浮かび上がらせるには、約10万通りある面の角度の組合せを考慮した研磨が必要です。ごく微細な違いでも、星は見えなくなってしまいます。

光の反射と分散をコントロールしてコントラストのある2つの星を浮かび上がらせるには、約10万通りある面の角度の組合せを考慮した研磨が必要なダイヤモンド。ごく微細な違いでも、星は見えなくなってしまいます。
ウイッシュ星・スコープ

今日、一般的なカットのほとんどはコンピューター制御によるものですが、“Wish upon a star”は、マイスター達の手作業によってしか創ることができない。

満足のいかないダイヤモンドは一切合格としない(その割合は時に3割を超え)厳しく高いレベルの品質管理が行われている。

 

すべては原石で決まる

完璧に美しく輝くダイヤモンドを生み出すために4Cよりも大切なこと。
“美しいダイヤモンドとして輝けるか”という運命は原石のときにすでに決まっているのです。

ダイヤモンド原石

光を支配した輝き

“Wish upon a star”ダイヤモンドの輝きは通常のダイヤモンドの特性である3つの輝きに加え、「2つの星を生み出す光と反射のコントラスト」を追求した特別なダイヤモンドです

ダイヤの違い

「光を支配した輝き」を守るために

“Wish upon a star”ダイヤモンドはダイヤモンド鑑定のプロの目によって、海外・国内での厳格な品質チェックが行われています。

マイスター

“Wish upon a star”/“ウィッシュアポンアスター”詳細は下記アドレスより

http://wish-upon-a-star.jp/craftsmanship

■関連記事
●“Wish upon a star”(ウィッシュアポンアスター)でプロポーズ出来るプランはこちら

●私の魂の分身の星が浮かび上がる特別なダイヤモンド!

 

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ