メニュー
2015/12/25

「1月27日」はプロポーズに最適な日ってホント?

FB Twitter

「1月27日」はプロポーズに最適な日ってホント?

プロポーズをしようと思ったら、どんなシチュエーションでプロポーズをするかをまず考えますよね。
そして、その次に考えるのが「いつ」プロポーズをするのかです。
付き合った記念日や彼女の誕生日、バレンタインデーやクリスマスなどのイベントに合わせて色々と候補はあると思います。
もちろん二人の記念日や思い入れのある日があるならその日がベストですが、そういった日が特にないという人には「1月27日」にプロポーズするのがおすすめです。

1月27日は「求婚の日」!

「なんの記念日でも祝日でもない1月27日になぜ?」と思うかもしれません。
しかし、1月27日にプロポーズをするのはれっきとした理由があるんです。

その理由は、100年以上前の新聞広告にあります。
1833年の1月27日に伊勢新聞と三重日報という新聞に、新聞紙上初めて求婚の広告が掲載されたのです。
求人広告の内容は「先頃女房と離縁して不自由ゆえ、貧富を諭せず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は紹介あれ」というもの。
1833年頃といえば結婚相手はお見合いや親戚、知人からの紹介が一般的だったので、求人広告でお嫁さんを探すというのはかなり画期的なことでした。
今ではお見合いパーティーや出会いアプリなど結婚相手を探す手段は豊富にありますが、当時は身近に結婚相手が見つからなければ他に探すのはとても難しい時代。
時代の先端を行く、いいアイデアですよね。

このことから、1月27日が求婚の日と定められたのだそうです。
ちなみに、この求人広告を出したのは中尾さんという一般の男性で、応募してきた十九歳の女性とめでたくゴールインしました。
求人広告を出すことでお嫁さんが見つかった日でもありますから、とても縁起がいいですよね。

求婚の日をきっかけにプロポーズをしてみては?

「1月27日」はプロポーズに最適な日ってホント?

彼女と結婚はしたいし、プロポーズをしようと思ってはいるけどなかなかきっかけがつかめないという人は、求婚の日をきっかけにしてみてはいかがでしょうか。
彼女もきっと求婚の日というものがあることは知らないでしょうから、由来を教えてあげれば感動してくれるかもしれません。ちょっとしたサプライズにもなりますよ。

誕生日や付き合った記念日とは違う日にプロポーズすることで、二人の記念日がもう一日増えるのも嬉しいですよね。
手紙や花束、指輪などと一緒にロマンチックなプロポーズを演出してあげてください。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ