素直な気持ちを伝えることができる「手紙プロポーズ」が素敵

メニュー
2016/01/15

素直な気持ちを伝えることができる「手紙プロポーズ」が素敵

FB Twitter

素直な気持ちを伝えることができる「手紙プロポーズ」が素敵

プロポーズは、言葉で直接相手の目を見て伝えるものだと考えている方も多いはず。
それは情熱的で素敵ですが、どんなに素敵なプロポーズの言葉を用意していても、いざ彼女を目の前にすると「緊張して頭が真っ白になってしまう……」なんていうこともあると思います。

そんな緊張しやすい方におすすめなのが「手紙プロポーズ」。
この手紙プロポーズにはどのようなメリットがあるのか、そしてどのような演出をすればいいのかを紹介していきます。

「手紙プロポーズ」のメリットとは?

・気持ちをしっかりと伝えることができる
世の中の男性は、みんながみんな素敵な言葉で気持ちを伝えられるわけではありませんよね。特にプロポーズのような緊張しやすいシチュエーションでは、せっかく考えておいた言葉を度忘れしてしまうという場合もあります。
しかし手紙を事前に用意してあれば、緊張して用意しておいた言葉を忘れるようなことはありません。
そして「恥ずかしくて直接言うのは難しい」というような方でも、手紙なら素直に気持ちを伝えることができるでしょう。

・形として一生の思い出に残る
言葉は形に変えて残すことができませんが、手紙はずっと残しておくことができます。
そのため、プロポーズの思い出を形にして残しておきたいという方にもおすすめです。
また手紙には自筆の良さがあり、例え達筆でなくても「私のために頑張って書いてくれた」と女性は嬉しく感じるもの。
手紙なら後から読み返すこともでき、感動を再び味わうことができるというメリットもあるのです。

・プチサプライズになる
プロポーズは直接言葉で伝えるものだと考えている方が多いからこそ、手紙でサプライズを演出することができます。
また、手紙の中に婚約指輪を入れて渡せば感動は更に高まり、素敵なプロポーズの演出となりますよ。
直接渡すだけでなく、郵送したり荷物にこっそり忍ばせておいたりするとサプライズ感がでますね。

「手紙プロポーズ」にも注意点があった! こんな手紙はNG!

・例文に頼り過ぎている
手紙に想いを綴る際に例文を参考にするのはOKですが、例文ばかり並べるのはNGです。
どこかで聞いたことのあるようなありきたりな例文ばかりでは不自然ですし、気持ちがしっかりと伝わりません。自分の言葉でストレートに想いを伝えましょう。

・雑に書く
字を書くのが苦手な方は不安になるかもしれませんが、字がキレイでなくても問題ありません。NGなのは雑に書いてしまうこと。字が汚くても、丁寧に時間を掛けて書いた手紙はもらうと嬉しいものです。そのため時間を掛けてゆっくりと書くようにしましょう。
不安であれば鉛筆で下書きをしておくと安心です。

彼女ウケのいい文章とはどんなもの?

素直な気持ちを伝えることができる「手紙プロポーズ」が素敵
いざ手紙を書こうと思っても、良い言葉や文章が思い浮かばないこともあるでしょう。
手紙でプロポーズをする場合には、遠回しな表現をせず、シンプルに想いを伝えることが大切です。
「彼女を愛する気持ち」「彼女と結婚したいという思い」をストレートに書くようにしましょう。無理に格好付けたり、回りくどい文章にしたりする必要はありません。
さらに普段は言えない感謝の言葉や、今までの2人の思い出などを一緒に伝えることで内容のある手紙にすることができます。彼女の喜んだ笑顔を思い浮かべながら手紙をしたためてみてください。

ストレートに想いを綴れば、その気持ちはきっと彼女に届くはずです。
プチサプライズな演出をしたい方や、緊張して気持ちを伝えられるか不安な方は、ぜひ「手紙プロポーズ」に挑戦してみてくださいね!

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ