メニュー
2016/02/26

感動を永遠に! プロポーズの瞬間を動画として残す方法

FB Twitter

感動を永遠に! プロポーズの瞬間を動画として残す方法

一世一代のプロポーズ、どうせなら動画に撮って記録を残しておきたいと思いませんか?
大好きな彼女の笑顔を撮っておけば、思い出になるだけでなく、結婚式の余興にも使うことができます。
また、彼女に内緒で撮影すれば、とびっきりのサプライズムービーとなるでしょう。
そんなプロポーズの瞬間を、失敗せずに上手く撮影する方法をご紹介します!

カメラ付きリングケース「Ring Cam」を利用する

「Ring Cam」とは、婚約指輪を入れるリングケースに超小型カメラが内蔵されたもの。
アメリカで開発され話題となり、実際に撮影されたムービーをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

カメラは上蓋部分に内蔵されていて、プロポーズされた彼女の表情を正面からしっかりと捉えることができます。約20分の撮影が可能なので、ムービーが途切れる心配もなし。
もちろん音声も記録できるので、彼女の表情だけでなくリアクションそのものを残すことができますよ。

「Ring Cam」はレンタル可能

「Ring Cam」は日本の企業が「YES CAM」としてレンタルサービスを開始しています。
レンタル料は2万円で、レンタル+メモリアルムービー制作のセットなら5万円となります。
第三者の手を借りずに撮影できるので、余計な気を使わず気軽に利用できますね。

通常のカメラで撮影する

感動を永遠に! プロポーズの瞬間を動画として残す方法
彼女の表情だけでなく、プロポーズ一連の流れを記録したいなら、通常のカメラをつかった撮影がベター。
隠れた場所から撮影すれば、彼女へのサプライズムービーとしても利用できます。
では、具体的にどのような方法があるのか、注意点を含めて探ってみましょう。

方法1:自宅で撮影する
自宅なら、第三者に頼らなくてもセルフでプロポーズシーンを撮影することができます。
カメラを隠して、プロポーズする前にスタートボタンを押しておきましょう。

方法2:友人に協力してもらう
屋外でプロポーズする場合は、第三者の手を借りたほうがスムーズに撮影できます。
友人に協力してもらい、隠れた場所からこっそり撮影してもらいましょう。
この場合は景観の良い場所、思い出のスポットでのプロポーズがおすすめですよ。

注意点
・暗い場所での撮影は避ける
・音声も録音できるよう、ICリコーダーを近くに置いておく
・レストランなどで撮影する場合は、店の了承を得ておく

通常のカメラを使う場合は、より入念な計画やリハーサルが必要です。
撮影に失敗しないために、十分に注意しながら計画を進めてくださいね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ