アラサーの彼女と結婚をするまでの注意点とプロポーズの演出

メニュー
2016/03/31

アラサーの彼女と結婚をするまでの注意点とプロポーズの演出

FB Twitter

アラサーの彼女と結婚をするまでの注意点とプロポーズの演出

アラサーの女性は、これまでにいろいろと恋愛経験を積んできたことからも一番結婚の意識が高い年齢です。周りの友達や知り合いの中でも結婚・出産をする人が増えて、焦りを感じている人も多いでしょう。
そんなアラサー女性と付き合うとしたら、結婚を意識した付き合い方をする必要があります。結婚する気もないのにズルズルと付き合うのはあまりよくありませんね。
そこで今回はアラサーの彼女を持つ方に向けて、これからの結婚までの道のりの注意点とプロポーズ方法についてご紹介していきます!

アラサーの彼女と「結婚話」をするときの注意点

アラサー女性は、これまでにいろいろな恋愛の経験を積んできています。そのため20代前半の女性に比べると落ち着いて見えますが、経験を積んだからこそ自分の気持ちに素直になれなかったり、自分の気持ちをなかなか表に出せなかったりということがあります。
そんなアラサーの彼女と結婚を考えた交際やプロポーズをするときは、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

・「いい年齢だから」と省略しない
アラサー女性は、もういい大人だからといって「言わなくてもわかるだろう」「プロポーズをロマンチックに演出しなくてもいいだろう」など、大切なことを省略してはいけません。
アラサーになっても女性は女性。いつまでも「好きだ」と言って欲しいと思っていますし、ロマンチックなデートやプロポーズに憧れているのです。
一生の思い出になるような素敵なプロポーズをしてあげてくださいね。

・決断は早めに!
アラサー女性はこれから結婚して子供を産んで、と考えるとあまり交際に時間をかけている暇はありません。
「付き合いたい」と思ったり「結婚したい」と思ったりしたら、機が熟すのを待ちすぎずサクサクと決断していってあげましょう。
プロポーズも半年以上先の記念日などを待つよりも、勢いがあるときに伝えてあげたほうがいいですね。

アラサー彼女には思いっきりロマンチックなプロポーズを!

アラサーの彼女と結婚をするまでの注意点とプロポーズの演出
プロポーズをするときは「もう彼女もアラサーだし、そこまで凝った演出をしなくてもいいかな」と思ってしまうかもしれませんが、一生に一度のことですし、女性はいつまでもプロポーズの瞬間に憧れがあるもの。

きちんと計画を立てて、思いっきりロマンチックなプロポーズをしてあげましょう。
高級レストランやホテルなどをリザーブしたり、夜景の見えるチャペルを貸し切ったりと大人ならではの演出がオススメ。
大きな花束を贈るなどのスペシャルな演出をすれば、彼女もきっと大喜びしてくれるはずです。

また、アラサー女性には「好きです」「ずっと一緒にいたいです」などのストレートな言葉をかけてあげましょう。真っ直ぐと目を見て、熱い想いを伝えてあげることが大切。
プロポーズのセリフは遠回しの言葉よりも、ストレートに自分の気持ちを伝えたほうが心に響くはずです。

アラサー女性との結婚を考え始めたら、なるべく早く決断し、ストレートな言葉でプロポーズするのが一番。アラサーだからといって色々なことを省略せず、心をこめて結婚までの道を歩んでいきたいですね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ