メニュー
2016/07/11

ちゃんと知ってる? 結婚式と披露宴の違い

FB Twitter

ちゃんと知ってる? 結婚式と披露宴の違い

いざ結婚式の準備をする段階になったものの、「結婚式」と「披露宴」の違いがよくわかっていないという方は多いのではないでしょうか。
2人の人生の節目となる結婚式は、すべてをしっかりと把握した上でとことんこだわって作り上げたいもの。今回は、結婚式を行う前に確認しておきたい「結婚式」と「披露宴」の違いについてお話ししたします。

挙式は「儀式」 披露宴は「パーティー」

一般的に使われる「結婚式」という言葉は、多くが挙式と披露宴をあわせて表しています。
しかし、はじめにお話ししたように「結婚式」と「披露宴」は別物。
結婚式は、2人が結婚の誓いをして晴れて夫婦の身となる儀式の場です。
一方披露宴は、親戚や友人、上司などのお世話になった人々を招いて結婚の報告をし、生涯の伴侶となる相手を紹介する場。
結婚式を挙げ、そのままの流れで披露宴を行うという流れが最も一般的ですが、中にはそうではない場合もあります。なぜなら、儀式である結婚式にはいくつかのスタイルがあるからです。
せっかく式を挙げるのなら、それぞれの形式や意義を学び、自分たちに最もふさわしいと思える方法を選びましょう。

結婚式の主なスタイル

結婚式には、大きく分けて以下の4つのスタイルがあります。

■キリスト教式
キリスト教式の結婚式は、教会で神様に結婚を誓い、愛の証として指輪を交換する儀式です。
結婚式を挙げるカップルの約6割がこのキリスト教式の結婚式を選んでいます。
ウェディングドレスを着てバージンロードを歩くといった女性の夢を叶えられることや、親族だけではなく友人にも列席してもらえることなどが人気の理由です。

■神前式
和装に身を包み、厳かな雰囲気の神社で行う神前式。親族しか列席することができない、古臭いと言ったイメージからかつては敬遠されがちでしたが、近ごろは日本の伝統を重んじるスタイルが素敵だと静かなブームを呼んでいます。

■仏前式
仏前式は、信仰している宗派の寺院で行う儀式で、仏様やご先祖様に結婚の契りを誓います。白無垢姿の花嫁に黒紋付きに羽織袴の新郎と、神前式のスタイルに似ている部分も。熱心な仏教徒の家柄の方から根強い人気を集めるスタイルです。

■人前式
人前式は、神様や仏様ではなく列席者に結婚を誓い、証人になってもらうというスタイルの式です。決まった形式がないため、2人らしく自由に式を作れることから注目を集めています。

ちゃんと知ってる? 結婚式と披露宴の違い

結婚式と披露宴の違い、結婚式のスタイルについてご紹介いたしました。
結婚式は、2人の結婚を誓うと同時に、これまで育て上げてくれた家族への感謝を伝えるための場でもあります。
挙式のスタイルについては2人だけで決めてしまうのではなく、両家の意向を汲んだ上で判断するのが良いかもしれませんね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ