メニュー
2016/07/13

こんな夫婦にオススメ! キリスト教式の詳しい流れは?

FB Twitter

こんな夫婦にオススメ! キリスト教式の詳しい流れは?

愛し合う2人が神様や仏様、あるいは証人となる第三者に結婚を誓う儀式である結婚式。
結婚式にはいくつかのスタイルがありますが、中でも最も人気が高いのがキリスト教式です。今回は、そんなキリスト教式の流れやルールについて詳しくお話しいたします。

キリスト教式とは?

キリスト教式とはその名の通りキリスト教の教えに基づいて行う挙式スタイルです。
真っ白なウェディングドレスに身を包み、父親と一緒にバージンロードを歩く花嫁の姿と言えば、結婚式と聞いて真っ先に思い浮かぶシーンのひとつではないでしょうか。
神聖な雰囲気のチャペルの中で永遠の愛を誓う式は、多くの女性の憧れ。結婚式を挙げるカップルのおよそ6割がキリスト教式の結婚式を挙げています。

キリスト教にはいくつかの宗派があり、日本で挙げられるチャペル式の多くはプロテスタント系の教えに基づいて行われています。
宗派によって式の流れや結婚への教えが若干異なっており、プロテスタント系の教会なら信仰宗教に関係なく挙式が挙げられる場合が多くなっているからです。
しかし、カトリック系の教会の場合は夫婦のどちらか、あるいは両方が信者でなければ式を挙げることができないため注意が必要です。

挙式の流れ

キリスト教式の所要時間は20分から30分ほど。プロテスタント式の挙式の流れをご紹介いたします。

1.列席者の入堂
列席者がチャペルに入場し、祭壇に向かって右側に新郎側のゲスト、左側に新婦側のゲストが着席します。

2.新郎新婦入堂
新郎が先に入堂し、祭壇前で新婦を待ちます。
新婦は父と腕を組んでバージンロードを進み、新郎の元へ向かいます。

3.讃美歌斉唱
一同起立して賛美歌を歌います。

4.聖書朗読
牧師が聖書の中の夫婦に関する章を朗読し、神に祈りを捧げます。

5.誓約・指輪交換
新郎新婦が牧師の問いかけに答える形で結婚を誓約し、誓約の証として結婚指輪を交換します。

6.結婚宣言
新郎新婦が重ねた手の上に牧師が手を重ねて祈祷し、2人が夫婦となったことを宣言します。

7.結婚証明書への署名
新郎新婦、そして牧師が結婚証明書に署名します。

8.新郎新婦退堂
新郎新婦が腕を組み、バージンロードを歩いて退堂します。

式の主な流れは以上です。式の後は、新婦によるブーケトスや列席者によるライスシャワーが行われます。

どんな夫婦にオススメ?

キリスト教式の結婚式は、母親によるベールダウンや父親と共に歩むバージンロードなど両親との絆を感じさせる儀式が多くあります。そのため、家族や両親とのつながりを大切にしたい夫婦にはピッタリのスタイルです。
また、列席者の人数が限られてしまうことの多い神前式などにくらべ、多くの人々に列席していただけるのも魅力の1つ。お世話になった人々全員に見守られながら結婚の契りを結びたいという方にも人気です。

こんな夫婦にオススメ! キリスト教式の詳しい流れは?

一生に一度の結婚式。純白のウェディングドレスにベール、バージンロードに誓いのキスと、女性の夢が詰まったキリスト教式の詳しい情報をご紹介いたしました。
いくつかあるスタイルの中でも抜群の人気を誇るキリスト教式の結婚式で、2人の永遠の愛を誓いましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ