自分に似合うウェディングドレスは? 覚えておきたい基本の「き」

メニュー
2016/07/15

自分に似合うウェディングドレスは? 覚えておきたい基本の「き」

FB Twitter

自分に似合うウェディングドレスは? 覚えておきたい基本の「き」

一生に一度しか着ることのないウェディングドレスは、自分に一番似合うものを選びたいですよね。
しかし、悩めば悩むほどどれも素敵に見えてきて困ってしまうものです。
今回は、そんな楽しくも悩ましいウェディングドレス選びで参考にしたい情報をご紹介いたします。

ウェディングドレスの「カラー」

花嫁が身につける純白のウェディングドレス。その白には、「清楚」「純潔」「純粋」と言った意味が込められています。
しかし、一口に「白」と言っても、さまざまな種類があります。ウェディングドレスに多いのは、ホワイトやオフホワイト、シャンパンゴールドなど。
自分にピッタリのドレスを選ぶためには、パーソナルカラーを知っておく必要があります。
肌が黄みがかっているイエローベースの方は、同じく少し黄みがかったオフホワイト~ゴールド系統のドレスがオススメです。逆に、肌の色が白く、青みの強い肌の方は真っ白なホワイトのドレスがオススメ。
ドレスを試着する際はホワイトとオフホワイトをどちらも着てみて、どちらの方がより顔色が生えるかを比べてみましょう。

ウェディングドレスの「形」

ウェディングドレスには数え切れないほどの種類がありますが、中でも代表的なドレスラインは以下の4つです。自分の身長や体型と合わせて考え、ピッタリのものを選んでみてください。

■プリンセスライン
バストからウエストにかけてはピッタリと体にフィットし、ウエストの切り替えからはふんわりと広がるプリンセスライン。お姫様のような可愛らしい雰囲気で人気の高いデザインです。
スカートにボリュームがあるため、上半身を華奢に見せてくれる効果があります。身長や体型に関係なくどんな方にも似合うドレスです。

■Aライン
スッキリとした上半身から、足元にかけてなだらかにスカートラインが広がっていくAライン。文字通りアルファベットの「A」のようなシルエットで、足元に重心がいくため体の縦の線を綺麗に見せてくれます。プリンセスラインと同様身長や体型に関係なく着こなせる王道のドレスです。エレガントな雰囲気を演出したい方にオススメです。

■スレンダーライン
スカートの広がりがほとんどなく、体の線に沿って真っすぐに下に流れるシルエットのドレスです。身長が高く、細身の方にピッタリのスレンダーラインは、上品でどこかモードな雰囲気を演出してくれます。レストランやガーデンなどでのウェディングにピッタリのシンプルなデザインのものが多くあります。

■マーメイドライン
上半身から膝にかけては身体にピッタリと沿い、膝下から裾に向かってスカートが広がっていくマーメイドライン。体のシルエットがはっきりと出るため、女性らしい曲線美を最大限引き出してくれます。身長が高く、細身の方向けのデザインで、ゴージャスで大人っぽい雰囲気を演出したい方にオススメです。

自分に似合うウェディングドレスは? 覚えておきたい基本の「き」

まずはカラーとシルエットの種類と特徴を覚えておくことが、ドレス選びの第一歩です。
この他にも、ネックラインと袖のデザイン、生地や小物などのさまざまな要素が組み合わさってようやく憧れの花嫁姿になることができます。
一生に一度の結婚式を盛り上げるウェディングドレスを、楽しみながら選んでくださいね。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ