結婚式の雰囲気が決まる! 式場に飾る装花選びのポイントとは?

メニュー
2016/08/15

結婚式の雰囲気が決まる! 式場に飾る装花選びのポイントとは?

FB Twitter

結婚式の雰囲気が決まる! 式場に飾る装花選びのポイントとは?

結婚式の会場の雰囲気を左右するといっても過言ではないのが「装花」です。
装花に使う花の種類やカラーによって、結婚式全体のイメージをガラリと変えることができます。ゲストの目を楽しませるためにも、装花選びは大切なポイントです。
しかし、結婚式は一生に一度のこと。装花を決めるのももちろん初めてのことで、分からないことばかりですよね。そこで今回は、結婚式会場の装花選びのポイントを紹介します。

STEP1. まずはイメージを固めよう!

実際に装花選びを開始する前に、まずは「どんな結婚式にしたいか」という大体のイメージをまとめておくことが大切です。
アットホームで温かい雰囲気なのか、それともスタイリッシュで洗練された雰囲気にしたいのかなど、初めはざっくりとしたイメージでOKです。
全体のざっくりとしたイメージが決まったら、イメージカラーも思い浮かべてみましょう。
赤や青、ピンク、黄色、紫などメインとなるカラーを決めておくとスムーズです。

STEP2. ドレスのカラーに似合う色を!

メインとなる装花のカラーは、ウェディングドレスのカラーに似合う色を選ぶことも大切です。花嫁姿をより美しく見せるためには、ヘアメイクなどももちろん重要ですが、会場との調和も見逃せないポイント。
たとえば、水色のカラードレスを着るなら、紫や青など寒色系の同色でまとめるのも素敵ですし、反対色であるピンク系を合わせて可愛らしい雰囲気にするのもいいですね。
黄色系のドレスなら、オレンジ系やグリーン系を多く取り入れるなど、全体の雰囲気をまとめてくれるような装花を選ぶのがオススメです。
初めに思い浮かべた全体イメージに合うようなカラーを、ドレスの色と合わせて選ぶようにしましょう。

STEP3. 会場の雰囲気に合っている?

いくらイメージ通りの装花を選んだとしても、会場の雰囲気にマッチしていなければ、ちぐはぐな印象になりかねません。
会場の雰囲気と装花の雰囲気が合っていることも大きなポイントです。
落ち着いた雰囲気の会場にピンク系のガーリーな装花だと、少し雰囲気が違うように感じてしまいますよね。
大人っぽい会場にはクールなイメージの装花を、明るい雰囲気の会場にはさわやかな装花やガーリーな装花が似合います。

STEP4. 予算もしっかりと考えて!

装花選びは予算との兼ね合いもポイントです。
イメージ通りの装花をとこだわり抜くことで、初めの見積もりよりも費用がグッと上がってしまうことも珍しくありません。取り入れる花の種類によっては値段が大きく変わってしまうことも。装花を予算内に抑えるためには、譲れない部分と妥協できる部分をハッキリとさせることが重要です。
装花などのアイテムはつい女性メインですべて決めてしまいがちですが、夫婦でしっかりと話し合い、プランナーさんとも相談して決めるようにしましょう。
2人の希望を伝えることで、予算を抑えつつ豪華な装花にすることもできますよ!

結婚式の雰囲気が決まる! 式場に飾る装花選びのポイントとは?

お祝いに駆けつけてくれたゲストの目を楽しませて、より思い出深い結婚式を演出するためには、装花での会場装飾が欠かせません。
色とりどりの装花で、結婚式を素敵に演出しましょう!

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ