ゲストへのおもてなし? 結婚式のウェルカムドリンクって必要?

メニュー
2016/08/26

ゲストへのおもてなし? 結婚式のウェルカムドリンクって必要?

FB Twitter

ゲストへのおもてなし? 結婚式のウェルカムドリンクって必要?

結婚式準備を進めていく中で、どうしても気になるのが結婚式費用です。
細かいところにまでこだわって、アレもコレもとオプションをつけていくと、当初の予算よりも大きくオーバーしていたなんていうのはよくある話。
絶対に譲れない部分があるのなら、それ以外のところでなるべく費用をカットするように工夫することが大切です。
演出やオプションをカットしていくと、「これは削ってOK? それともNG?」というちょっとした疑問も上がるでしょう。中でも、よく多くのカップルが悩むのが「ウェルカムドリンク」の存在です。結婚式を挙げる際、ウェルカムドリンクは必須アイテムなのでしょうか。
今回はウェルカムドリンクについて、さまざまな視点から紹介していきます。

「ウェルカムドリンク」ってなに?

お祝いに駆けつけてくれたゲストをお出迎えするアイテムとしての役割をもつのが、「ウェルカムドリンク」です。式場で受け付けを済ませたゲストが、結婚式が始まるまでの時間を控室で過ごしますが、そのときに飲んでもらうもの。
待ち時間の間、ゲストになるべく退屈せずに過ごしてもらうために用意します。

ウェルカムドリンクは「おもてなし」という意味合いが強く、ゲストのことを思って用意するカップルも増えていますが、用意をすればそれなりの費用も必要です。

ウェルカムドリンクのメリット・デメリット

おもてなしの意味が強いウェルカムドリンクは、用意をしておくことでスマートにゲストへの心配りをすることができます。
友人と過ごす時間でも1人で過ごす時間でも、ウェルカムドリンクがあることで有意義に過ごすことができるとして、ゲストからの評価は高いもの。
ゲスト目線から見たときに、ウェルカムドリンクありの結婚式のほうがいい印象が残るため、少しでも気持ち良く過ごしてもらおうという気持ちから用意をするカップルが多いのです。

一方デメリットとしては、先に触れたとおり費用がかかってしまうということ。
もともと結婚式の費用にセットとして含まれているケースもありますが、別料金というケースも珍しくありません。
大体1人500~1000円ほどの費用が掛かるため、ゲストの人数が多ければそれだけ費用もかさんでしまいます。
ソフトドリンクよりもアルコールありのほうが費用も高くなるので、なるべく予算を低くしたいというカップルにはデメリットになるでしょう。

結局ウェルカムドリンクはあったほうがいいの?

結婚式においてウェルカムドリンクの用意は必須事項ではありませんが、結婚式までの時間によってはあったほうがスマートです。
たとえば受付から結婚式、もしくは結婚式から披露宴までの時間が長い場合はウェルカムドリンクを用意しておくのがベター。
また、ゲストがくつろぐスペースが少ない会場や、夏の暑い時期などはウェルカムドリンクがあると喜ばれます。

反対に、ウェルカムドリンクがなくてもいいケースもあります。
結婚式はチャペルなどで行わず人前式で披露宴中に行うなど、受付後すぐに会場に入れる場合はウェルカムドリンクがなくても気になりません。
少人数制の結婚式も同様のことがいえるでしょう。

ある程度の規模の結婚式を挙げ、ゲストに失礼のないようなおもてなしをしたいと考えているなら、ウェルカムドリンクの用意をしておくのがオススメです。

ゲストへのおもてなし? 結婚式のウェルカムドリンクって必要?

結婚式はどうしても大きなお金がかかるもの。できることならなるべく費用を抑えたいところですが、あまりに切り詰めすぎると派手さにかけてしまうこともあります。
せっかくお祝いに駆けつけてくれるゲストに楽しんでもらうためにも、おもてなしの心を忘れずに用意することが大切です。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ