メニュー
2016/10/26

やり方間違っちゃった……。プロポーズの後悔あるある5選

FB Twitter

■撮影用にレンタルしたスペースにて撮影を行っています。

プロポーズをどんなシチュエーションでやるのかは人によって様々です。誰もが失敗しないように一生懸命考えるのですが、時に空回りして後悔してしまうこともあります。ここではプロポーズの際によくある後悔したケースを紹介します。

緊張で何を言うか忘れた

プロポーズは女性のみならず男性にとっても大変緊張するイベントです。その時の言葉は結婚後も友人や子どもに聞かれたり、何といっても2人の思い出に残るものです。そのため普段は言えないような感謝の気持ちや少しキザな言葉を取り入れてかっこよく決めたいと思う男性が多いようです。事前にしっかりと練習をして当日を迎える男性もいると思いますが、緊張のあまり何を言うつもりだったのか忘れてしまったという人も多いようです。

特に普段口にしないような言葉をチョイスしているとなかなか思い出せずにモタモタしてしまいます。言葉は長すぎずシンプルに「結婚してください」が良いと考えている女性も多くいます。かっこつけすぎず、ありのままの自分で素直な気持ちを伝えるのも良いかもしれません。

婚約指輪のサイズが違った

プロポーズも成功し婚約指輪も無事に渡せたその後で、いざ彼女の指に指輪をはめようとするとサイズが合わなかったという人もいます。事前にこっそりと指輪のサイズを調べておくことはもちろん必要ですが、ダイエットをしてやせてしまっていたり、お酒を飲んで指がむくんでしまっていたりなど、思わぬアクシデントが起きてしまうこともあるようです。

食べ物の中に入れ失敗した

よく映画やドラマなんかのプロポーズシーンにある、シャンパンの中に婚約指輪が入っていたり、デザートに出てきたケーキの中に婚約指輪が埋め込まれていたりという場面を見たことがあるのではないでしょうか。ドラマや映画で見るとロマンチックだなと感じるかも知れませんが、実際にやられるとすごく不衛生な気がして嫌がる女性も多いです。生クリームまみれになった指輪を洗って拭いてから指にはめるということで、スマートに出来ず後悔してしまう人が多いようです。

特別なシチュエーションを用意しなかった

自分はこういうサプライズが好きじゃないからと、自宅でいつものように一緒にテレビを見ている時にさりげなくプロポーズをして失敗してしまったという人もいます。彼女の方は綺麗な夜景の見えるレストランで、とびっきりの甘い言葉とともに婚約指輪を渡してほしいと思っていたのに、ムードの欠片もないシチュエーションでプロポーズされ不満顔だったようです。

みんなの前でふられる

友人に協力してもらいサプライズを仕掛けたけれど、彼女に断られてしまいとても気まずい雰囲気にしてしまったというケースもあります。また最近でいうとみんなでダンスなどのパフォーマンスをした後でプロポーズをするフラッシュモブというものが流行っており、そのシーンを撮影し動画をアップロードしたりしている人もいます。

しかし中には大勢の前でプロポーズをされることを嫌がる人も多くいます。このような後悔をしないためにも、彼女がどのようなプロポーズを望んでいるのか事前にリサーチしておくことが大切です。彼女の性格を考えたり、テレビで特集が組まれていたりすれば彼女がどのような反応をしているのかを見ておくことである程度は危険を回避することが出来ます。

20160102602

この記事を読んでいるみなさんは彼らのように後悔しないようなプロポーズが出来ることを祈っています。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ