メニュー
2016/11/10

結婚指輪の選び方!ダイヤモンドはいくつが理想?

FB Twitter

20160111001

結婚指輪を購入するつもりでいるのならどんなデザインを選ぶのが理想的でしょうか。二人でおそろいのものを購入するのもいいですし、お互いが自分の好みで選ぶというのでもいいでしょう。選ぶときに考えなくてはならないのが、どんな使い方をするのかということです。

結婚指輪は結婚をしたらそのまま外すことなくつけたままにしているという人もいますし、出かけるときだけにつけるという人もいます。仕事上付けていても問題ないという人は付けたままにするでしょうし、仕事ではつけることが出来ない人は、外出時や記念日の時だけにつけるようになります。

このように結婚指輪をどのくらいの頻度でつけるかによっても、結婚指輪の選び方を変えなくてはなりません。いくら気に入った指輪があったとしても、使い方によって不便なことが出てくるのであればデザインを変える必要がありますので、まずはどんな使い方をしたいのかを決めることです。

デザインを選ぶポイント

例えば、仕事でつけることが出来ないという人の場合は、自分好みのデザインで選ぶようにしてもいいでしょう。シンプルなデザインがいいという人もいますし、ゴージャスな感じがいいという人もいます。

例えばキラキラと輝く方がいいのであれば、ダイヤモンドがついたタイプを選ぶといいでしょう。ダイヤモンドの数は一つではなくても、数個ちりばめたものを選ぶこともできますが、どちらのほうがいいのでしょうか。

大きくてゴージャスな方がいいのであれば一つのタイプにして、小さくてもたくさんついている方がいいのであれば、数個ついているものを選ぶといいでしょう。たくさんダイヤモンドがついている方がいいと思っていたとしても、予算の問題もありますので大きなダイヤモンドを選ぶことが出来ません。予算に合わせることによって、ダイヤモンドの数や大きさが変わってくることになるでしょう。

ダイヤモンドがついているタイプを選んだ場合に、結婚指輪を普段から身に付けるようにしたいのであれば、着脱のことも考えておかなくてはなりません。家事をするときには結婚指輪をしたままこなしていく事によって、ダイヤモンドの輝きが薄れてしまったり、外れてなくしてしまうことになる場合があります。

大切な結婚指輪でもありますので、普段から身に付けるのであれば、家事をするときには外すようにしておいた方がいいでしょう。しかし着脱をするときに気をつけなくてはならないのが、紛失をしてしまうことがないようにしなくてはならないことです。万が一紛失をしてしまうようなことになれば、夫婦の関係に亀裂が入るようなことになってもいけませんので、必ず置き場所を決めておくようにするといいでしょう。

外したまま放置をしていると、どこに置いたのかがわからなくなってしまいますが、ケースなどに入れるように置き場所を決めておくことによって、紛失の危険性を減らすことが出来るからです。

しかし着脱が面倒と思うのであれば、ダイヤモンドがないシンプルなタイプを選ぶようにして、身に付けるようにしておくといいでしょう。シンプルなタイプであれば、着脱を無理にする必要がありませんので、時々クリーニングをするようにしておけば問題ないでしょう。

おわりに

cervene wedding beautiful and fashionable young couple in autumn

結婚指輪を選ぶときには、普段から身に付けるようにしたいのか、それともお出かけの時に付けるように大事に保管しておきたいのかによって決めるようにしておけば、失敗しない指輪選びをすることが出来るでしょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ