結婚指輪に「宝石」は必須? 石ありと石なしのそれぞれのメリット

メニュー
2016/11/22

結婚指輪に「宝石」は必須? 石ありと石なしのそれぞれのメリット

FB Twitter

Gold rings with diamond on white background. High resolution 3D image.

カップルが後に結婚を意識するような場面があります。お付き合いをしている最中には、プレゼントとしてファッション指輪などを彼女に贈ることを行う方も多く、宝石付きの人気のブランド指輪も多く販売されています。

普段使い用の場合では、ファッション性の高い指輪を用いることが多く、綺麗な装飾や綺麗な宝石が施されているアイテムを選ぶことも多いものです。結婚を意識して、後に婚約を行うような方ならば、婚約指輪というものを用意することも広く行われています。婚約指輪に関しても、比較的ファッション性に優れているタイプを選ぶ方が多いものですが、実際に結婚をすることを決めた方のケースでは、さらに結婚指輪というものを準備することも一般的な方法です。

そんな結婚指輪には宝石がついているものがいいのか、ついていないものがいいのかお話します。

結婚指輪は2人で選ぶもの

結婚指輪の場合では、カップルとしてお付き合いをしている最中、そして婚約指輪などとは異なり、両人が2人揃って選ぶことが多い指輪としても知られています。

結婚指輪を選ぶ場合では、現在では有名ブランド品から選ぶ方や、オリジナル品として販売されているアイテムから選び出す方も多くいるでしょう。他の指輪に関してはサプライズプロポーズとして用いることが多く、通常では男性が指輪を選んで女性側に対して内緒でプレゼントを行う方法で、サプライズプロポーズを成功させることができるものですが、結婚指輪の場合では、これまで用いてきた指輪とは大きな違いというものがあり、両人が納得できる指輪を探し出すことが何より大切なことです。

その背景には、一般的には結婚指輪の場合では、生涯にわたって長く使うものになり、指から外すことがない方も数多くいます。そのため、できるだけ高品質でデザイン性にも優れている指輪を用意することが必要になるでしょう。

結婚指輪の場合では、宝石が必須なのかどうか、石ありと石なしのパターンが用意されているので、この点について迷ってしまう方もいます。この判断については、それぞれのメリットを把握する方法で、結婚指輪を上手に探し出すことができるので、一定の知識を得てから探すこともおすすめです。

宝石があるメリット

宝石ありを選ぶことのメリットについては、何より見た目がゴージャスになることを挙げることができるでしょう。ダイヤモンドを選んだり、お互いの誕生石などを選ぶ方法も良い選択になり、宝石が付けられている場合では、高価な指輪になることも多く、他人からの視線に対しても十分な優越感を得ることができます。宝石ありの場合では、ファッション用の指輪とは異なり、派手目で宝石が大きく飛び出しているようなデザインのものを避ける方法で、実用性を備えた結婚指輪にすることができます。

宝石なしのメリット

一方で宝石なしの結婚指輪を選ぶメリットに関しては、シンプルなデザイン故にどのような年齢に達した場合でも、違和感なく使うことができるメリットがあります。実際に結婚指輪を選ぶ方のケースでは、石なしのタイプを選択される方が多いように、仕事をしている方でも、宝石がないことで邪魔にならないアイテムとしていつまでも指にはめることができることも大きなメリットになります。一般的にはゴールドやプラチナを使っている指輪を選択される方が多く、シンプルなデザインながら、魅力的なデザインに仕上がっているタイプも多く販売されているので、永遠に利用することができる指輪として用いることができます。宝石がないタイプの場合では、ぶつけてしまい、指輪が破損してしまうことが少ないデザインに仕上がっていることもメリットとして挙げることができるでしょう。

2人が納得できるものがベスト

picture of man putting wedding ring on woman hand

石ありの場合では、小さな宝石が散りばめられているもの、石なしの場合では、総合的なデザイン性の高いものやブランド品を用いる方法で結婚指輪としての双方のメリットを活かすことができます。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ