メニュー
2016/11/25

プロポーズした後は 2人が夫婦になるまでのプロセス

FB Twitter

20160112501

プロポーズをされた後には、様々なプロセスを経て夫婦になりますが、サプライズプロポーズなどの場合には、突然のことで、その後どのように進めていけば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか、ここではプロポーズをされてから夫婦になるまでのプロセスをお伝えしていきます。

まずは両親への挨拶

プロポーズをされたら、まず初めに親への挨拶をしていきます。ここでズルズルと時間が経ってしまうと夫婦になるプロセスの全体の流れが崩れてしまいますので、非常に重要なプロセスとなります。

まずは挨拶の日程を決めていきます。親への切り出し方としては「○○君からプロポーズされてOKしたの、挨拶に来たいらしいから近い内に会ってもらえる?」や「彼が改めて挨拶に来たいと言ってるんだけどいつなら大丈夫?」などといった感じで切り出しましょう。

次に挨拶をする場所を決めます。多くの場合は女性の自宅に伺って挨拶をするのですが、遠方カップルや親が外食を希望している場合には、レストランで挨拶をする場合もあります。そして初めに女性の親に了承をいただいてから、次に男性の親に挨拶をします。この挨拶の際には男性が中心になって挨拶をするのですが、同席する女性も一言だけでも言葉を添えると良いでしょう。例えば「○○さんの支えになれるよう、一生懸命がんばります。」などの言葉でも聞くことができれば、男性側の両親も安心することができます。

友人への報告

次にプロポーズされてから夫婦になるまでのプロセスは、友達への報告になります。いざ夫婦になることが決まっても、それを友達にいつ報告すればよいのか迷ってしまいます。では、多くの方はどのタイミングで報告をしているのか見ていきましょう。多くの場合には結婚の挨拶が済んでから、ある程度話がまとまった頃を目安としているようです。

結婚式の日取りや入籍をする日などが詳細に決まっていない状態で報告をしてしまうと、その都度連絡をしなければなりません。ですので、正式に婚約が成立をすることが決まってから報告をするようにした方が良いでしょう。ただし、仲の良い友達の場合には両親よりも先に報告をするといった方もいらっしゃるようです。

サプライズプロポーズから夫婦になるまでの期間

サプライズプロポーズをされて結婚指輪を貰ってから、実際に入籍をして夫婦になるまでにはどのぐらいの期間を有して、入籍はどのタイミングでするのでしょうか見ていきましょう。

入籍と結婚式はどちらが先の方が良いのでしょうか、これは決まりはありませんが、多くの方は入籍が先の場合が多く、その割合は76%が入籍が先で、入籍と結婚式が同日が11%、結婚式が先が9%となっています。

この理由は面倒な書類の手続きやパスポートの申請などを新姓で済ませておきたいというのが主な理由となっています。また子供が先にできた場合や新居を用意する場合には転入届が必要となりますので、それらが結婚式の準備と重ならないようにしておきたいというのが理由なようです。

逆に少数派ではありますが、結婚式を先にする理由として親の意見を尊重して旧姓で結婚式をしたいという理由によるものですが、中には保険や年金のタイミングによって自然と結婚式が先になった方もいるようです。

20160112502

では、プロポーズをされてから入籍をして正式に夫婦になるまでにはどのぐらいの期間なのでしょうか、これは約半年が最も多く全体の26.8%となっています。

そして次に約1年が19.1%で、1か月以上から3か月以内が18.9%、1週間以上から1か月以内が10.9%、1年以上が10.9%、3か月以上から5か月以内が7.9%、1週間以内が5.4%となっています。

以上がプロポーズをされてから夫婦になるまでのプロセスになります。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ