ピッタリではなく結婚指輪のサイズは「ゆるめ」で選ぶほうがいい!?

メニュー
2016/11/29

ピッタリではなく結婚指輪のサイズは「ゆるめ」で選ぶほうがいい!?

FB Twitter

20160112901

彼女と結婚したいのであれば、思い切ってプロポーズをするようにしましょう。プロポーズを成功させるための秘訣は、相手に感動をしてもらえるようなプロポーズをすることです。ここでがっかりさせてしまうようなことをすれば、オッケーをもらえるはずだったのにもかかわらず、ノーになってしまうかもしれません。

相手をがっかりさせないためには、事前にきっちりと計画を立てるようにし、感動のサプライズプロポーズをするようにしなくてはならないのです。必死で考えた甲斐があり、オッケーをもらえたのであれば、そこで気を抜いている場合ではありません。

結婚指輪のこんな選び方もあります

実際に結婚に向けた行動をしていかなくてはなりませんので、次から次へと準備を進めていくようにしましょう。結婚式をするときに行われることとしては、結婚指輪の交換です。指輪交換は借り物で行うわけではなく、実際に自分の結婚指輪を使用しておこなうようになりますので、購入しておきましょう。結婚指輪を購入するときには、自分たちのサイズに合わせて購入するようになりますが、どのくらいのサイズで選ぶようにすればいいでしょうか。

例えば、きつめのサイズを選ぶとか、すこしゆるめのサイズを選ぶ方がいいとかを考えなくてはなりません。結婚指輪を普段から付けて生活をしようと思っているのであれば、どのくらいのサイズにしておくほうがいいのかということになりますが、少しゆるめで選んでおくこともできます。ゆるめで選んでおくことによって、今後体型が変わった時でも困ることがありません。

ゆるめに選ぶ理由は?

結婚をして数年が経つと、体重が結婚当時よりも増えてしまうことがありますので、結婚指輪がいつの間にか抜けなくなってしまうことがあるのです。結婚指輪が指から外れなくなってしまえば、指輪をカットして外すしかなくなってしまいます。年齢的にも若いころのようには簡単に体重がもとに戻りにくい年齢になっていきますので、誰もが太りやすい状況にあるということです。

太り始めたときに結婚指輪を早めに外しておく方法もありますが、外したものの今後サイズが合わずにはめることが出来なくなってもいけません。それならば結婚指輪を持っていても結局は付けることが出来ない状態になっているということになります。自分では今の体型を維持し続けられ、太ることはないだろうと思っていたとしても、だんだんと痩せにくくなってきますので、少しは太ると考えておいた方が自然です。

ゆるすぎはもちろんNG!!

20160112902

しかしあまりにも大きなゆるめのサイズを選んでしまうと、普段使いをしているときにすっぽりと抜けてしまい、紛失をしてしまう危険性もあります。紛失をしてしまえば買い替えなくてはなりませんし、二人の大事な宝物である結婚指輪をなくしてしまうようなことになれば、夫婦のききが訪れることになってもいけません。ゆるめのサイズにしようと思っていたとしても、あまりにも大きなサイズは買わないようにしておきましょう。

ワンサイズくらい大きめ程度にしておくようにすれば、そこまでゆるゆるの状態にもなりません。結婚後にワンサイズどころかそれ以上も太るのではないかと心配になったとしても、あまりにも大きなサイズを購入していれば、それに油断して太りつづけてしまうことになるでしょう。あまりにも太ってしまうようなことになれば、相手からいつまでも大事に思ってもらえなくなってもいけませんので、油断しすぎないためにも、少しだけゆるめのサイズで購入することです。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ