婚約指輪選びの前に確認必須!ダイヤモンドのカット品質とは?

メニュー
2016/11/23

婚約指輪選びの前に確認必須!ダイヤモンドのカット品質とは?

FB Twitter

 

20160112301

女性の中には結婚を夢見る人が非常に多い傾向にあります。いくら女性の社会進出が進んだとは言え、それは高学歴でIQの高い女性たちだけがキャリアを積み、出世して男性をしのぐ収入を得ることができているのが現状です。

一般的な女性はこのような目覚ましい社会進出を達成することはできないものです。なおかつ日本の景気はデフレ経済であり、雇用が安定しません。消費が落ち込み、各企業で求人が見られなくなっており、女性にそのしわ寄せがもっとも来ていると言えます。

結婚したい女性が増えている

そのため以前にも増して、現代では結婚を夢み、早く結婚したいと切に願っている人も多いのです。結婚すれば愛する優しい旦那さんに守られ、養ってもらえるので生活は安泰になります。また現代では早く子供を産みたいと考える女性も多く、子作りや家族計画を考えて結婚に希望を持っている人も多いのです。

また映画やシンデレラと言った童話に憧れ結婚を望む女性もいます。こうした女性をシンデレラコンプレックスと言い、結婚こそが最も女性が幸せである姿と真剣に信じ込んでいるのです。特にガラスの靴のプロポーズのように、大粒の眩い輝きのダイヤモンドのエンゲージリングを指し出して膝をつき、プロポーズされたいと考える女性は非常に多いのです。

こうしたシーンはハリウッドの映画でも頻繁に見られ、こうしたシーンが多くの女性の脳裏に刷り込まれているのです。そのため男性はプロポーズで失敗が許されません。映画の様な、ロマンティックで感激や感動のある永遠に忘れられないプロポーズのシーンを演出しなければいけません。またロマンティックに演出でき女性が感激してくれたら、100パーセント求婚を受け入れてくれるのです。

ダイヤモンド良し悪しの判断基準は??

differernt diamonds

それにはもっとも重要なアイテムがあります。それがダイヤモンドの婚約指輪なのです。このエンゲージリング選びをミスしてしまうと、プロポーズは台無しになってしまうので注意が必要です。

サプライズプロポーズを大成功にするにはダイヤモンド選びのポイントを抑えておく必要があります。ダイヤモンドの品質は世界基準の4Cと言うもので決定されます。カラーは色味であり、無色透明が高品質であり品質が劣るほど黄色や茶色になっていきます。クラリティは透明度を示します。透明により近いものが高品質で、内包物など白っぽい異物が入っていると品質は悪くなります。透明度によっても光の反射率が変わって来るので重要なのです。カラットといってダイヤモンドの重みを示すものです。重量が大きいほど大粒のダイヤモンドという事になり希少性が高くなります。

カットはダイヤモンドの研磨の程度を表します。エクセレント、ベリーグッド、グッドなどランキングがありダイヤモンドの輝きはカット次第と言う人もいます。こうしたダイヤモンドの4Cを高水準に満たしたものを婚約指輪や結婚指輪選びでは重要になってくるのです。ダイヤモンドは天然の鉱物であり、カラット、カラー、クラリティは人間の手でどう変えることもできません。しかしカットと言う研磨だけは人間の手で行い、輝きを最大限引き出すことができるのです。そのためダイヤモンド選びではカットのグレードを重視して選ぶことが賢明であるとも言えるのです。またカットといったも様々な物が世の中にあるのです。ラウンドブリリアントカットは婚約指輪で最も選ばれるカットです。円が永遠に続くので愛も永遠にとぎれることがないと信じられているのです。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ