メニュー
2017/01/10

こんなサプライズプロポーズはNG!失敗に学ぶ4つの事例

FB Twitter

2017011001

長く交際している彼女と結婚したいと考えている場合には、プロポーズをしなければなりません。プロポーズを彼女が受け入れることで、婚約することができて、そこから概ね半年くらいで結婚に至ります。プロポーズは単に結婚したいという意思を伝えるだけではなく、ロマンチックな演出をするのが望ましいです。女性はロマンチックな雰囲気を好むためです。一生に一度のプロポーズであるため、なるべく思い出に残るような素敵なプロポーズにしたいでしょう。そこで、サプライズプロポーズをしてみようと検討している男性も多く見られます。

しかし、サプライズといっても、単に突飛な形でプロポーズをすればいいというわけではありません。凝った形でサプライズプロポーズをやってみて、失敗してしまったという人も少なくありません。サプライズプロポーズで失敗してしまった場合には、軽く微笑みながら受け入れてくれる場合もあれば、断られてしまうケースもあります。そのため、どんなサプライズプロポーズなら良いのか考えておく必要があります。また、NGのサプライズプロポーズの事例を見てみることで、失敗を避けることができるでしょう。

サプライズがバレている

まず、よくあるNGの事例としては、サプライズのことが事前に知られてしまうケースがあります。サプライズなら、相手に知られないようにして、準備を進めなければなりません。プロポーズの際には、婚約指輪をプレゼントしますが、一緒に宝石店などに行って指輪を選ぶと、近々プロポーズをするということが丸分かりです。そのため、指輪選びは一緒に宝石店に行くのではなく、あくまで単独で店舗に足を運んで購入するようにしましょう。指輪の好みなどは、なるべく悟られないように、さりげなく探るといいです。ただ、このくらいの失敗であれば、問題なく受け入れてくれるでしょう。

早すぎるプロポーズ

次に、プロポーズの時期が早すぎるという失敗例もよく見られます。いわゆる電撃結婚などを狙っている例です。女性の多くは、じっくりと交際してから、結婚をしたいと考えているため、少なくとも1年は交際してからプロポーズをするのが望ましいでしょう。あまり早すぎる時期にプロポーズをすると、せっかく凝ったサプライズをしても、断られてしまうことがあります。ただ、その後も順調に交際を続けていれば、再びプロポーズをする機会にも恵まれます。最初の失敗例は良い思い出になるでしょう。

女性に相談して浮気の誤解をされる

3つ目の失敗事例としては、他の女性に相談をしていたような場合です。女性の視点から見た意見を取り入れようとして、知り合いの女性に意見を仰ぐことがあるでしょう。メールやSNSなどで、やり取りした場合に、そのことが彼女に知られてしまうと、あまり良い気分はしないでしょう。場合によってはあらぬ誤解を招いてしまうこともあります。その状態でプロポーズをした場合に、受け入れてもらえないケースもあるのです。そのため、他の女性に相談をする場合には、誤解を招かないように慎重に行うことが望ましいです。

彼女の体調が優れていない

2017011002

そして、4つ目の失敗例は、タイミングがあまり良くないときです。プロポーズをする日はあらかじめ決めておく人が多いですが、当日の彼女の体調が優れない場合には、別の日に延期した方が望ましいでしょう。体調が良くないときに、サプライズプロポーズをしても、あまり喜んでもらえません。長く交際しているカップルなら、断られることは稀ですが、できるだけ体調の良い日にサプライズプロポーズをした方がいいでしょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ