婚約指輪の一番の不満は「受け取り方」、未婚者は「サプライズ」に憧れている!!

メニュー
2015/11/20

婚約指輪の一番の不満は「受け取り方」、未婚者は「サプライズ」に憧れている!!

FB Twitter

ラグジュアリーブライダルマガジン『25ansウエディング』では、年に1回発行している『25ansウエディング ジュエリー号』で、既婚・未婚の女性読者を対象に、毎年エンゲージリングとマリッジリングにまつわるアンケートを実施。今年は、平均予算や人気のデザインに加えて、リ ングの選び方や満足度について聞き、理想と現実のギャップが浮き彫りになりました。

<調査結果>

1.    エンゲージリングの総合的な満足度は高いが、一番不満足だったのはリングの「受け取り方」(表1)

  • エンゲージリングの総合的な満足度は10点満点中平均9.3点でしたが、「受け取り方」は他の項目の中で1番低く平均8.2点。
  • 受け取る理想のロケーションは1位「レストラン」、2位「夜景の見える場所」、3位「海岸」との回答。しかし、実際に受け取った場所の1位は「(ジュエリーショップの)店頭」、2位「レストラン」、3位「結納」。
  • ひざまずいてのプロポーズを理想として挙げた人が5%いたものの、実際にそのような受け取り方をした人は1%弱。

<表1:エンゲージリングについての「満足度」 (既婚者573名回答)>

sub1

2.    サプライズにあこがれる未婚者、しかし実際には難易度が高く、先輩花嫁からアドバイスも(表2)

  • 未婚者に理想のエンゲージリングの選び方を聞いたところ、1位が「2人で探し、2人で選ぶ」(39.8%)、2位が「彼が探して、彼が選ぶ(サプライズ)」(26.5%)と、4人に1人がサプライズに憧れるという結果に。
  • 一方、実際にサプライズで受け取った既婚者は9.2%と少なく、理想と現実で最も大きなギャップ。
  • 先輩花嫁からは、「サプライズを希望するなら、日ごろから好みのブランドやサイズをさりげなく言っておいた方がいい」とアドバイス。「男性が一大決心をして渡すのでよっぽどじゃない限りがっかりしないであげて欲しい」との声も。

<表2:選び方の理想と現実 (未婚者181名、既婚者573名回答)>

sub5

より詳細な調査結果は2015年11月21日(土)発売の『25ansウエディング ジュエリー号』の「エンゲージ&マリッジ・トレンド白書2016」、および「ザ・ウエディング」の記事をご覧ください。(http://www.the-wedding.jp/jewelry/features/jewelrywhitepaper_151119

「エンゲージ&マリッジリング」に関する調査
■調査手法 : インターネット調査
■調査対象 : 『25ansウエディング』、『25ans』、「ザ・ウエディング」の読者・ユーザー948名
■実査    :2015年10月9日(金)~13日(火)

 

 

FB Twitter
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ