メニュー
2016/01/04

女性から男性へ!「逆プロポーズ」の極意とは?

FB Twitter

女性から男性へ!「逆プロポーズ」の極意とは?

結婚になかなか積極的になれない男性に対しては、女性からの「逆プロポーズ」もアリです! 最近では逆プロポーズで幸せをつかむ女性も増えています。
逆プロポーズを成功させるためには、どのようなことに気をつければよいのかをお伝えします。

「この人と結婚したい」と思わせる

まずは、男性にとって「結婚したい」と思えるような女性を目指しましょう。
やはり世の男性が女性に求めるものといえば「家庭的」であること。
普段から家事や炊事、裁縫などをしっかりと練習してアピールしておきましょう。
彼が体調を崩した時にお世話してあげるのも効果的です。

普段から聞き上手になることや、一緒にいて落ち着けるような雰囲気を作り出すことも大切。
「良い奥さんになるな」「この人と結婚したいな」と思われるような女性になることが、逆プロポーズ成功への近道です。

逆プロポーズするタイミングは?

女性から男性へ!「逆プロポーズ」の極意とは?

逆プロポーズをする前に、今が結婚に適した状況かどうかを見極めましょう。
お互いの時間やお金、気持ちなどに余裕がない場合には、プロポーズを断られてしまう可能性があります。

お互い仕事が忙しすぎたり、貯金や生活に不安があったりする場合には、結婚を焦ると後悔してしまう場合も。
「できるだけ若いうちに」とか「誰かに彼を取られてしまわないように」といった焦りから逆プロポーズを申し込むのは避けたいものです。

逆に、男性が結婚したくなるようなタイミングなら逆プロポーズが成功しやすくなります。
身近な友人などが結婚したり子どもが生まれたりしたときには、男性は結婚を意識しやすくなります。
転勤などで引っ越しの必要がある時も、逆プロポーズのチャンスですね。
また、年齢を実感した時や体調を崩して気が弱くなった時など、不安を感じている時に、男性は寄り添ってくれるパートナーを求める傾向があります。
結婚するのに適したタイミングを冷静に見極めることも、逆プロポーズ成功の秘訣です。

逆プロポーズを成功に導く言葉とは?

逆プロポーズしたいけど、どんな言葉で伝えたらいいのかわからないという女性も多いかもしれませんね。

ストレートに伝えるなら「私と結婚してください」「私をあなたのお嫁さんにしてください」といった言葉がオススメ。
なかなか煮え切らない態度の男性には「ちゃんと結婚して幸せになろう」「いつも一緒にいたいから、結婚しようよ」といった伝え方が良いですね。
結婚自体に不安を感じている男性に対しては「私も働くから2人で一緒に頑張っていこう」「責任は私がとるから、結婚しよう」という伝え方もアリです。

彼にどんなことをアピールしたいのかをよく考えた上で、男性の心をつかむような「とっておきの言葉」を伝えましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ