メニュー
2016/04/01

「安田大サーカス」の団長がした自転車プロポーズって?

FB Twitter

「安田大サーカス」の団長がした自転車プロポーズって?

トライアスロン大会に出場するほど、自転車やスポーツが好きなことで知られる「安田大サーカス」の団長。
そんな団長がプロポーズに選んだ演出は、得意とする自転車を使ったものでした。
テレビでも放送された団長のプロポーズは、どんなプランだったのでしょうか?
超ロマンチックで素敵な安田大サーカス団長のプロポーズ方法をご紹介いたします。

「大阪」から「東京」まで婚約指輪を運ぶ自転車プロポーズ!?

安田大サーカス団長のお相手はタレントの岩田さちさん。約1年半の交際を経て結婚した2人ですが、そのプロポーズはとてもロマンチックで感動的なものでした。
当時自転車競技にハマっていた団長は「大阪」から「東京」まで自転車で婚約指輪を運び、プロポーズするというプランを計画したのです。
大阪から東京までは約550kmの道のり。「ベタベタな演出は自分らしくない。自分の特技を生かして頑張った姿を見せたい」と思い、自転車プロポーズをすることにしたそうです。

団長は、まず大阪で婚約指輪を購入。そして東京タワーで待っている彼女の元へ自転車を走らせました。
安田大サーカスのメンバーであるクロちゃんとHIROもバスで同行し、事務所の先輩である森脇健児さんやよゐこの有野晋哉さんも応援に駆け付け、団長を励まし続けました。
しかし、その道のりは決して楽なものではなかったそうです。

7時間遅れで到着!? 困難だらけの道のり

団長はそれまで最高で100kmまでしか自転車で走ったことがなかったため、自転車の旅は困難に遭遇することもたびたびありました。
膝が痛くなって足が動かなくなるなどのトラブルが続き、ようやく到着したのは大阪を出発してから約46時間後。それは、到着予定時刻を7時間もオーバーしている時間でした。
しかし、彼女は団長を信じてずっと待ち続けていたのです。団長とさちさんの絆の深さが伝わってきますね。

東京タワーで無事プロポーズ!

「安田大サーカス」の団長がした自転車プロポーズって?
無事到着した団長でしたが、自転車で走ることに一生懸命になりすぎてなんとプロポーズの言葉を考えていなかったそう。
指輪を取り出して「いる?いらん?」という団長の簡単な言葉に、彼女は涙ぐみながら「うんうん」と答えました。約束の時間からは大幅に遅れた明け方のプロポーズとなりましたが、彼女を感動させることに成功したのです。

自分らしいオリジナルのプロポーズを

団長は「自分らしいプロポーズを」と考えて自転車プロポーズを選びましたが、自分らしいプロポーズの演出ができると相手にも伝わりやすいのかもかもしれませんね。
プロポーズといえば高級レストラン、夜景の見える場所などが一般的なプランとされていますが、常識や定番にこだわりすぎず、自分らしい場所や演出を考えるのも素敵です。

これから続く2人での永い結婚生活の第一歩となるプロポーズ。
思わず彼女が感動の涙を流すような、素敵なプロポーズ演出をしてみるのもいいかもしれません。世界に1つだけの自分にしかできないプロポーズで、一生の思い出を作りましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ