メニュー
2017/01/20

サプライズプロポーズで女性は不満を感じる3つ

FB Twitter

2017012001

「結婚を考えているくらい大好きな彼氏から、サプライズプロポーズされてみたい」って思ったことはありますか?

「羨ましいなぁ」「ああいう風にプロポーズされてみたい(みたかった)」とか、いろいろな感想があると思います。

でも、男性からすると「こういうサプライズプロポーズなら、彼女もOKしてくれる!」というサプライズプロポーズ、実行してみたら女性が一気に醒めてしまうことがあるかもしれない、という危険な賭けなんだと思うんです。とくに、この3つ。

断りにくい状況

1つ目は、今テレビやネットで流行りのフラッシュモブ。男性からすると「こういうプランで、いろんな人に協力を頼もう!」と策を巡らせるのも楽しいと思います。でも、これはどのサプライズプロポーズにもよりますが、彼女の性格やタイミングを考えてしてほしいな、と思うんです。急に大勢に囲まれて、その和の中でサプライズプロポーズをされたら…「そろそろプロポーズされたいなぁ」という女の子は大喜びです。即OKしちゃいます。

でも、ちょっと待ってください。「付き合うのは楽しいけど、結婚はまだ考えてないなぁ」って女の子に仕掛けちゃったりしたら…大勢の目の前で、NOなんて言えないですよね。自分だけではなく、彼氏にも恥をかかせちゃうことになっちゃいますし。大規模な分、断るのが難しかったり、流されて後悔したり。

で、即OKした子、良かったですよね。しかし、ちょっと待って下さい。友人同士だけで行うフラッシュモブならいいのですが、彼氏がついうっかりフラッシュモブ業者さんに依頼してたとしてたら、しかもそれが「かなり無理しちゃった額」だったりすると、結婚にかける小さな費用が削られたり、下手すると結婚直後からマイナススタートになっちゃったりして。フラッシュモブ業者を否定するわけでもなく、そこにお金をかけたくなるくらい彼女が好きで、なおかつ金銭的に余裕がある(これ、現実的かもしれませんが、結構重要です)なら、サプライズプロポーズはずーっと思い出に残るんですけどね。

サプライズがバレバレ

じゃ、2つ目として、思い出に残っている場所で、そっとプロポーズをしよう、とか。だけど、女性って時々勘が鋭いところがあるから、急に彼氏が思い出の場所に行こうと言い出したり、ソワソワしてたりすると、なんとなく分かっちゃいますよね。花束を渡すつもりでどこかに隠してある場合、その場所に目がいってばかりで。それって全然サプライズプロポーズでもなく、「嬉しい」って言葉は出るけど、もうバレているから、答える言葉も表情も、冷静に脳内シミュレーションしてたりして。サバサバとした性格の女性だったら「もうバレバレだよ、あっはっは」ってくらい豪快に笑い飛ばしたり、下手すると逆プロポーズをしちゃうかもしれませんけど。男性って実は、思っていることが顔や仕草に出てきちゃう、可愛い生き物のような気がします。

危険なプロポーズ

3つ目は、たとえばクリスマスや誕生日ディナーに出てくるケーキの中に、婚約指輪を忍ばせておくという方法。それ、ちょっと怖くないですか?ガリって噛んで歯が欠けてしまったり、下手すると飲み込んじゃったり…そのまま歯医者に行ったり救急車を呼んだりするような、そんな危険なプロポーズは勘弁してほしいものです。こちらが潔癖症までは行かないくらいだけど、心のなかで「これ、どうやってキレイにするんだろう?」という現実的なことを考えて、顔はニコニコしていても、彼が語るロマンティックな未来も耳に入らなくなっちゃいそうです。

ちなみに、指輪をサランラップに包んでおいたり、危険じゃないやり方もあるようです。

2017012002

他にもいろいろなサプライズプロポーズがあると思いますが、彼女の性格やタイミングをよく見極めて、それに合ったタイミングで、二人にとって永遠の思い出になる、永遠の誓いになるプロポーズをしたい・されたいですよね。女性にとっては、人生の岐路に立つイベントなんですから。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ