メニュー
2017/02/28

結婚式で新婦にサプライズで再プロポーズ!

FB Twitter

2017022301

プロポーズというのは女性にとって何年経っても記憶に残る思い出の1つです。しかし中には、どうしても照れくさくてプロポーズができず、なんとなく流れで結婚することになったというカップルや、妊娠したのをきっかけに急いで結婚をしたため、きちんとプロポーズができなかったというカップルまで様々です。女性にとって大好きな彼からプロポーズをしてもらうというのは憧れの1つなのですが、実際にはそれが叶わなかったという人も少なくはないのです。また男性としても男らしくビシっと決めたいところなのですが、上手くいかなかったという人もいます。

プロポーズは結婚の申し入れのタイミングでするのがベストなのですが、それができなかったからと言って諦める必要はありません。最近ではきちんとプロポーズできなかったから、改めてそのチャンスが欲しいということで結婚式の中でサプライズプロポーズを行う人が増えてきています。実際にどんなサプライズプロポーズがあったのかいくつか紹介していきます。

・余興をする友人に協力してもらって

披露宴の中で新郎新婦の友人が余興をしてくれることもあるでしょう。内容は様々ですが、新婦には内緒で段取りを行い、余興の最後にサプライズプロポーズをするという流れになります。友人が余興をしてくれるという内容しか知らされていない新婦にとっては非常に大きなサプライズとなります。また協力者が友人ということもあって、打ち合わせもやりやすく成功率も高いサプライズプロポーズとなります。

・スクリーン上でのプロポーズ

普段はなかなか言えない感謝の気持ちなどを動画にしたものを流すという演出もたくさんあります。その中でも特におすすめなのがパラパラ漫画です。スクリーン上でキャラクターたちが動くことによって次の展開に会場の全員が注目します。そして伝えたいメッセージなどを文字にして表示することによって、相手にダイレクトに想いをぶつけることができます。2人の馴れ初めや感謝の気持ちをパラパラ漫画で上映した後に、直接新郎の口から新婦へプロポーズを行うというサプライズプロポーズは会場全体に大きな感動を生みます。動画さえ用意できれば、あとは式場側との打ち合わせで新婦に内緒で上映してもらえばよいだけなので、成功率も高くとても人気です。パラパラ漫画は自分で描こうと思うととても手間がかかるのですが、専門の業者もあるため素敵な動画を作ってもらうことも十分可能です。

・電報でプロポーズ

電報は披露宴の中で司会者が紹介してくれることがほとんどです。残念ながら列席できなかった人々がお祝いとして届けてくれたメッセージを会場全体に紹介するのですが、その電報を新郎が用意するというサプライズです。自分の結婚式なのに自分たちへの電報を送るということは新婦も思わないでしょう。読み上げていく内にそれが実はお祝いのメッセージではなく新郎からのプロポーズの言葉であるということに会場の皆が徐々に気づいていくため、何の警戒心もなく純粋に驚く新婦を見ることができます。ただ電報の紹介は司会者が行うことがほとんどなので、新郎の口から直接メッセージを読み上げるわけではありません。どうしても自分の口から言いたいという場合には電報紹介の後に改めて自分の口から想いを伝えると驚きから感動へと変わるでしょう。

2017022302

このように結婚式の中で再プロポーズをするというサプライズ案はたくさんあります。プロポーズがちゃんとできなかった後悔や、普段は言えない感謝の気持ちなどを相手に伝えることができる絶好のチャンスでもあります。後悔のないようしっかり計画を練って新婦に一生の素敵な思い出をプレゼントしましょう。

FB Twitter
カテゴリー
キーワード
サプライズプロとは
今注目のキーワードや、恋愛・結婚の基礎知識、プロポーズの極意まで恋愛・結婚にまつわる気になる話題、役立つ情報をご紹介。
アンケート・体験談・コラムを交えた、さまざまなジャンルの記事を掲載しています。
■このサイトについて
ページトップへ